スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰パン2スカート

2010年の冬季オリンピックの時、某選手の腰パン姿が叩かれました。
俺的には、どうでもいいことだったのですが、腰パンについて考えました。

いいぞ!! みんなどんどん腰パンにすればいい!!

これが結論です。
そして俺は腰パンにはしません。
何故なら、腰パン野郎と喧嘩しても「負けない」という利点があるからです。
いや別に勝たなくてもいい。
腰パン野郎と喧嘩になっても「楽勝で逃げられる」と思うわけです。
まあ普通に考えればわかりますよね。
連中とは、歩幅が違うぜ!! ってなわけです。

などと考えてると、男がスカートをはかない理由がわかりました。
そうです。スカートは戦闘力を下げるのです。
男という生き物は基本的には外敵と戦い女を守る生き物。だと思います。
ゆえに、戦闘力の低い服装は、ありえないのです。

え? ミニスカートなら戦える?
ま、そうなんですけど、ミニスカートの登場は1960年代なので、
やはり文化的、歴史的に男がスカートをはくということは、ありえなかったのです。

そんな風に考えると、やはり軍服とか格闘技の服は良く出来ています。
まさに、戦いやすさを主眼に置いた服です。

なわけで、悪ガキ共みんなが腰パンにしてくれれば、
お年寄りも安心して暮らせる社会になると思うのですが、いかがでしょう?

ちなみに女物の服のボタンの袷が男物と逆なのは、
ボタンとボタンの間から容易におっぱいを触らせない仕組みでは?
たいていの男は右利きなので…ねえ。







関連記事

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

嘘男

Author:嘘男
嘘男(うそお)です。
危なく、ゆるく、適当に書いていきます。

リンク
馬鹿で頭が悪くてロックンロール!! そんなレーベルですw
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。