スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちくわとマカロニ

ちくわとマカロニの共通点。それは誰でもわかるだろう。
中央部が空洞になった筒状の加工食品である。
浅い知識と貧しい食体験で考えてみたが、
世界中で、ちくわとマカロニ以外に、このような食品が思い出せない。

問題は、なんで?

どうして、真ん中を空洞にしたかったのか?
空洞にすることによって何かいいことがあるのか?

てことで嘘BLOG的に考えてみた。

1.なんか大きく見える
  真ん中に空洞があることによって、実際の量より大きく見える。
  つまり”アゲ底”効果。

2.火の通りがよくなる
  まあ、確かに。
  でも、そんなに時間が変わるのか?
  スパゲッティとマカロニに、そんなに差があるのか?
  ちくわぶとちくわに、そんなに差があるのか?

3.食感が楽しい
  楽しいのかな? うーーーん、あんまりよくわかりません。

4.見た目が楽しい
  ああ、楽しいかもしれない…。
  つまり、日本人とイタリア人の心が繋がっていたってことですかねえ?

5.中にモノを詰められる(中に味が絡む)
  これか!? うん俺的にはこれだ!!
  マカロニの場合、マヨネーズにしろミートソースにしろ、
  外側にも内側にも味が絡んで美味しいのである。
  ちくわの場合、中にキュウリやチーズを詰めたりしたら最高だ。

はい。嘘BLOGの結論は5です。
外側にも内側にも味がしみてGOOD!! てことです。
でも、そう考えると、穴開きの食品って、もっとあってもいいような気がするなあ。
ラーメンの麺だって穴が開いてたら、スープがよく絡むわけだし。ねえ。

追記
加工食品でなく自然の食品では、レンコンというモノがある。
これも穴に芥子を詰めると美味らしい。俺は嫌いですが…。







関連記事

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

嘘男

Author:嘘男
嘘男(うそお)です。
危なく、ゆるく、適当に書いていきます。

リンク
馬鹿で頭が悪くてロックンロール!! そんなレーベルですw
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。