スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット社会なのですよ(珍しく真面目)

尖閣ビデオの流出、ツイッターにより暴露、ウィキリークスのこと。
昨今はネットについて、いろいろと考えさせられることがあった。
ネット社会という言葉がある。
俺的には使い古された過去の言葉のような感じがする。
ネット社会とか区分けして言うなよ。
もはや、あたりまえに社会の一部なのだよ。みたいな感じ。

半年ほど前になるが、とある知人が言った。

「なあ、ブログとかで『今日何を食べました』とか書いてる女がいるだろ?
 俺はああいうのを馬鹿だと思うし、不快なんだけど、どう思う?」

申し訳ないけど軽く否定した上で流した。
ネットの黎明期、
まだブログって言葉もなく日記だった時代なら、そんな議論もアリだった。
でも、今さらそんな議論はしたくなかった。

つまりネットが社会のあたりまえになった今、
それは、ただの道ばたでの立ち話なのだ。
道ばたで誰かがやってる立ち話を議論してもしょうがない。
まして『今日何食べた』みたいな立ち話は、
『いいんじゃないっスか』と答えるしかないのだから。

ネットサーフィンというのも死語だが、
僕は(僕らと書きたかったが、僕にした)もはやサーフィンはしていない。
普通に街を歩くようにネットを見ている。歩くだけだ。
目的地へまっすぐ行く日もあれば、面白い店を見つけてのぞいたりする。
調べたいことがあったら図書館に行く。
公園で興味ある議論をしてれば聞き耳立てたり、たまには発言もする。
ちょっと頭の壊れた人を見かけることもあるし、
懸命にパフォーマンスをしてる人もいる。
もちろん街と同じなので、広告やら悪い誘惑に溢れている。

以上が僕の中のあたりまえ。

しかし前述の知人も含め、僕のあたりまえを否定する人も多い。
それはそれで個人の自由、言論の自由だからいいと思う。
道ばたの立ち話が不快なら、聞かなければいいだけの話だ。
何となく知人をクサしたような書き方だが、そうではない。
それはそれで良い。僕は議論したくなかった。てことだけなのだ。

さて問題は、嘘ブログの嘘たる部分に転じる。
ネットが社会のあたりまえで、(僕にとって)街だとした場合、
有害サイトを子供達からブロックすることは難しいのだ。
『歌舞伎町には行ってはいけません』と強く言いきかせる。でも行く奴は行く。
住んでる街の駅前の風俗店には、店を閉めてくださいと頼む。無理無理。

『子供に携帯持たせるな』なんてのは街を歩くなと同じ。
街は悪意と誘惑と罠でいっぱいだけど、みんなそんな中で生きてる。
つまり嘘的に思うに、ネットという街を楽しく普通に歩ける子供を育てることが大事だ。
街を歩けば、たまにはカツアゲされて泣いちゃうこともあるだろう。
騙されてしょーもないもん買うこともあるだろう。
だからって街に出ることを禁じるのか? 家にひきこもることを推奨するのか?
ネットは社会だを主張する嘘つきの俺としては、ナンセンスだ。

話が有害サイトと子供のことに行ってしまったが、
これは尖閣ビデオ問題やツイッターの問題にも通じていると思う。
社会というのは国家が作るものではなく、人が作るものだ。
北朝鮮ですら、人が闇マーケットを作り自主的な社会を作っている。
人が作るあたりまえの社会となったネットを、
国家や規制団体がどうこうすることは無理なんじゃないかな…と思う。
ウィキリークスをアメリカが潰すのは簡単かもしれない。
でも、新たな芽が次々に産まれてくるだろう。きっと。

僕はあたりまえのこの街を普通に歩く。
気分の悪いときは、立ち話に悪態をつくかもしれない。
でも、否定はしないようにしたいと思う。
否定は格好いいし目立つし簡単だ。やりようによっては金も儲かる。
森羅万象を出来るだけ肯定しながら歩きたいと思う。
でもでも現政権は肯定出来ないよなぁ……。この辺りが嘘つきです。






スポンサーサイト

ミッシェル・ガン・エレファント

お初に日本のバンドです。しかも新しめ(古いですか?)。
ミッシェルのアルバムがチャート1位になった時。
それがオリコンなのか近所のレコード屋チャートなのか忘れたが…。
俺は高知県高知市の桂浜に行きたくなったぜ。
そして叫びたかった。
「日本のロックの夜明けぜよ!!」

そうなのである。
俺的にミッシェルは大好きなバンドだった。
だけど、売れねえよなあ…とも思っていた。
こんなガチガチなロックが売れたら日本崩壊ですわ…とさえ。でも好きでちゅ。

チャート1位の真相はともかくミッシェルは売れた。売れまくった。
もう日本崩壊でもOK!! 夜明けが来るのだよ~!! だった。

でも夜明けは来なかった…。
ミッシェルはあっさりと解散し、その後ギターのアベ・フトシ死んじゃった…。
ミッシェルの開いた扉に無数のバンドが飛び込んだ。
でも、まだどこにも行けてない…。頑張ってるのはわかる。
でもやはり、束の間の夢でしたか…。

俺の勝手かつ嘘まみれな妄想&願望だが、
ミッシェルみたいなバンドと、
AKBと嵐と井上陽水とエグザイルと上原ひろみがヒットチャートを争う世界。
それが俺にとって夢のような音楽世界だ。あ、パフュームも入れていいかも。

俺がミッシェルを好きな一番の理由がロックであるということ。
ロックバンドとは名乗っても、
この曲はJ-POPな感じ…。この曲はヒップホップな感じ…。
歌詞はフォークソングの世界だよね…。とかいろいろ思ってしまう中で、
縦に切っても横に切っても裏から見てもロック。ロック以外見つからない。
それが俺が好きになったミッシェルなのである。

なので、音楽性を解析してもしょうがない。
ボーカル、最高!! ギター、超格好いい!!
ドラム、超絶クールだぜ!! ベース、ブンブンブン!! それだけ。感想はそれでいい。

そんなバンドに再び会えるならば、面倒だけど長生きしてもいい。






Rolling Stones - Honky Tonk Women - MSG Live '03

今回のお勧めはローリングストーンズのホンキートンクウィメン。
…って、今さらお勧め&紹介するような曲じゃないですなあ。
超絶有名、ロックの名曲であります。

じゃあ何故、紹介するのか?
それは、この映像を楽しんでいただきたい、ということ。
これは2003年のライブ映像なのですが、注目はスクリーンに映されるアニメ。
まさにジャパニーズヘンタイアニメです。素敵です。
さすが、最長寿ロックンロールバンド!!








宇宙

アニメやSFに出てくる宇宙空間って、
夜空のような世界なんだけど、本当にそうなの? ふとそんな思いがよぎった。

地球における夜ってのは、太陽の光があたらない状態ですよね?
※意味なく図説
 ◎→→光→→○←こっち側が夜。
太陽       地球

てことは宇宙空間に出たら、
どっかの星の陰に入らない限り、
太陽ギラギラの超絶明るい世界なんじゃないですか?
大気もないから、光を遮る雲もないわけだしさあ…。

などと考えると「STAR WARS」も「2001年宇宙の旅」も「宇宙戦艦ヤマト」も、
ぜーんぶぜんぶ嘘なのでわ? と思ったりするわけです。

ここまで読んで「うん、それはそうだ」と思った人手を挙げて!!

……はい、俺と同じ脳味噌レベルです。

宇宙には大気がないのです。あっても薄いのだそうです。
つまり光を反射するもの(大気)がないから、宇宙は暗い。
と、ちょこっとWebを調べたら書いてありました。

行ったことないから嘘だか本当だか知りませんが、
まあ、宇宙はやっぱり暗いようです。







クイーン

相も変わらず古いロックバンドを取り上げます。ごめんね。
クイーンはロックの中で異端です奇形児です。ゆえに唯一無比なバンド。
心からそう思います。

でも正直クイーンはそんなに好きではないのですよ。
何曲か好きな曲がある。認めてる。ってだけで…。
それは何故? 唯一無比で凄いと思ってるのに何故?
はい…。俺が楽器を弾いたりするからです。

そうなんです。クイーンの異端&唯一無比たるところは、
フォロワーが殆どいない、いるかもしれないけど、殆どいないことです。
ビートルズ、ストーンズ、ツェッペリンの影響を受けたバンド数多います。
如実にサウンドやら演奏スタイルに現れます。
80年代以降も同じ、YMOの影響を受けたバンド、ニルヴァーナの影響受けたバンド。
すーーーぐにわかってしまいます。

でもよ…。
正面から「君たちクイーンみたいだね」ってバンドには出会えません。

そう。だから唯一無比の奇形児。
楽器をいじる俺が好きになれないのは当然。
だってさあ、真似出来ないじゃーーん。

あれだけ売れながら、後世にフォロワーを残さない。
それが俺的なクイーンなのです。

と持ち上げて……愚痴。

だってさだってさ、クイーンっぽい曲を作って演ってもさ…。
ぜーーーったいギャグとしか受け止められないじゃん!!
「ボヘミアン・ラプソディ」を基本に曲を作っても、パロディにしかならないじゃん。
もっとわかりやすく!!
フレディ・マーキューリーみたいな衣装でステージ立ったらギャグじゃん!!
誰からもパロディって言われるじゃん!!
でも、スティーヴン・タイラーみたいな衣装は、ギャグじゃないんだよ…。
ああ、エアロが好きなのね…ま、なかなかいいわね……とかさ。

そうなのです。
クイーンはフォロワーを許さない異形のバンド。
ただただそれだけで凄いと思う次第です。

同様のバンドにKISSが居ます。
日本で世紀魔Ⅱってバンドがありましたが、
実力は凄いのにどうしてもKISSの物真似イロモノというフィルターで見られました。
クイーンほどではないですが、KISSも唯一無二かも…です。
ただクイーンとの決定的な違いは、音楽性にはフォロワーを許したことです。
(KISSの音楽性を考察するのも面白そうだ…)

最後に音楽について。
「キラー・クイーン」というクイーンの初期の曲は素晴らしいと思います。
いろいろなアイデアが宝石のように散りばめられています。
可愛らしさ、ロックっぽさ、クラシックな荘厳さ、いろんな表情を魅せる曲です。
なのにこの曲、2分半程度なんです!!
この短時間に、これだけアイデアを詰め込める技量は物凄いと思います。
クイーンの中で一番好きです。

最後の最後。
カラオケで「ボヘミアン・ラプソディ」を歌う奴が嫌いだ。
歌いこなせるわけないのを承知で、受け狙いで演るだけだから。
いや、歌いこなせる奴がいたら嫌いどころかハグしてしまうんだけどね…。

最後の最後の最後。
クイーンの素晴らしさはメンバー全員が作曲をし、
それぞれに素晴らしいソングライターであることも特筆したい。
多くのバンドが1、2名のフロントマン&作曲者。残りはオマケ。
バンド解散したらハロワに行かなくちゃ…な状態の中でこれは凄いです。





The Jailbirds - Layla -

Youtubeをダラダラと見てると、思いがけないモノに出会うことがあります。
The Jailbirds(ザ・ジェイルバーズ)もそんなバンドです。
はっきり言って日本では全然知られてません。
俺もバンドの詳細は一切知らず、お気に入りフォルダに入れてただけです。
何しろ、今回紹介しようと思って調べても日本語の紹介サイトがないよぉ…。
で、オフィシャルらしき海外サイトを見てびっくり!!
ドイツのバンドだったんですなあ!!
てっきりテキサスあたりのローカルバンドだと思ってたんだけど…。

オフィシャルサイトで笑えたのがメンバーの紹介ページで、
Bass Bird、Sing Bird、 Git Bird、Beat Birdですよ。
そんなバンドが日本にも居たなあ…。
ギターウルフ、ベースウルフ、ドラムウルフの3人組。

そんなこんなで、
今回のお勧めはドイツのロカビリーバンド、
ザ・ジエイルバーズのいかしたロカビリーカバーの「レイラ」です。

ちなみにジェイルバーズはビートルズの「ヘルプ」も思いっきりロカビリーにしてますw
※公式サイトで見られます。
「悪魔を憐れむ歌」や「ハートに火をつけて」などの入った、
全曲カバーのロカビリーアルバム「BIRDS ARE BACK」というのもあるようです。








腰パン2スカート

2010年の冬季オリンピックの時、某選手の腰パン姿が叩かれました。
俺的には、どうでもいいことだったのですが、腰パンについて考えました。

いいぞ!! みんなどんどん腰パンにすればいい!!

これが結論です。
そして俺は腰パンにはしません。
何故なら、腰パン野郎と喧嘩しても「負けない」という利点があるからです。
いや別に勝たなくてもいい。
腰パン野郎と喧嘩になっても「楽勝で逃げられる」と思うわけです。
まあ普通に考えればわかりますよね。
連中とは、歩幅が違うぜ!! ってなわけです。

などと考えてると、男がスカートをはかない理由がわかりました。
そうです。スカートは戦闘力を下げるのです。
男という生き物は基本的には外敵と戦い女を守る生き物。だと思います。
ゆえに、戦闘力の低い服装は、ありえないのです。

え? ミニスカートなら戦える?
ま、そうなんですけど、ミニスカートの登場は1960年代なので、
やはり文化的、歴史的に男がスカートをはくということは、ありえなかったのです。

そんな風に考えると、やはり軍服とか格闘技の服は良く出来ています。
まさに、戦いやすさを主眼に置いた服です。

なわけで、悪ガキ共みんなが腰パンにしてくれれば、
お年寄りも安心して暮らせる社会になると思うのですが、いかがでしょう?

ちなみに女物の服のボタンの袷が男物と逆なのは、
ボタンとボタンの間から容易におっぱいを触らせない仕組みでは?
たいていの男は右利きなので…ねえ。







ホワイトアルバム

ビートルズの2枚組アルバム、通称「ホワイトアルバム」を考察します。
エロゲではないです(意味わかる一部の人、拍手プリーズ)。

ビートルズのプロデューサー、ジョージ・マーティンは語っています。
「ホワイトアルバムは失敗作だ。
 曲を整理して1枚にまとめれば、名盤に成り得たのに…。」

全面的に賛成しまーす!! 両手を挙げて賛成します!!
ぱっと考えても「ナンバー9」はいらないし「グッドナイト」もいりません。
ということで、俺がホワイトアルバムを世紀の名盤にします。
ルールはビートルズのイギリス盤フォーマットに従って14曲。
ジョージの曲は最大3曲まで。リンゴボーカルを1曲入れる。
発売当時を考えてA面B面で考えるレコード仕様。
なんかこんなネタ2ちゃんでやってそうだなあ…。ビー板とかずっと見ませんが。

A面
1.バック・イン・ザ・USSR
2.ピッギーズ
3.グラス・オニオン
4.オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ
5.ホワィル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
6.ブラック・バード
7.ハッピネス・イズ・ア・ワーム・ガン

B面
1.バースデイ
2.ドント・パス・ミー・バイ
3.ヤー・ブルース
4.マザー・ネイチャーズ・サン
5.サボイ・トラッフル
6.アイ・ウィル
7.ヘルター・スケルター

ほら名曲揃い。ジョージ・マーティンも納得…ですかね?
でも、ジョンの影が薄いかもしれないな…。
ジョンで切ったのが「ジュリア」と「バンガロー・ビル」
「ジュリア」はソロで「ジョン魂」に入れてください…と思った。
「バンガロー・ビル」のヨーコのコーラスは、
ビートルズのアルバムに収録してはいけない。やっぱソロに入れてください…と思った。

他のジョンの曲は糞だったりお遊びだったり…かなあと思いました。
通常のアルバム的にはお遊び曲を1つぐらいかました方が、構成として良い。
でも、お遊び曲もポールの方が秀逸なんだよね…「道路でセックスしようぜ」とか。
結果的には「USSR」に始まり、ラストは「ヘルター・スケルター」という、
とってもポールなアルバムになりました。
なんだかジョンの見せ場とポールの見せ場を考えると、
「アビイ・ロード」みたいになっちゃったなあ…と思います。

これに関しては御意見大募集。
みんなでホワイトアルバム名盤化構想を考えて欲しいです。
もちろん、あの雑多でグチャグチャな内容が良いのは重々承知。
でも、「ナンバー9」は聴きません。でしょでしょ?
ちなみにビートルズナンバーで唯一カラオケに入ってない曲は「ナンバー9」だと思います(未確認)。







上原ひろみ グラミー賞受賞記念

昨日、グラミー賞をB'zの松本氏が受賞したというニュースが、朝のワイドショーを飛び交った。
ついでに、よく知らない(失礼)ピアニストの女性と、まったく知らない(大変失礼)琴演奏家の女性の受賞も紹介されていた。

その後、ネットを見たら上原ひろみも受賞していたことを知った。
スタンリー・クラーク・バンドが受賞したアルバムに参加していたのだ。
ちなみに上原ひろみは若手のジャズピアニスト。
なんでワイドショーは紹介しないんですかねえ…? ねえ、小倉さんっ!!
(紹介してたらすんまそん))

俺は上原ひろみが大好きです。
どこが好きかと言うと、本当に楽しそうにピアノを弾くところ。
表情豊かで、まるで「のだめ」みたいだな~と最初は思った。
そのうちに、なんかエロいなぁ~と思い始めた。

上原ひろみはピアノとセックスしてます。
そこが最高!!
最高なのでたくさん紹介したいっす!! 絶倫っつ!!

Hiromi Uehara - time difference -


Hiromi Uehara - Return Of The Kung-Fu World Champion -


Hiromi Uehara - LIVE XYZ - Tokyo (2005)


Hiromi Uehara - The Tom and Jerry Show -
※この曲のYoutubeのコメントに「Piano Ninja!!」ってのがあって少し笑った。







F1はSFなのか

SF特撮映画が大好きな知人がいる。
古いものではサンダーバードなども大好きだ。
しかし彼はF1には、まったく興味がない。
ある日、彼に訊いた。

F1って、SFそのものなのに何で興味ないの?

そうなのだ。
宇宙開発や兵器などもSFだが、
テレビで定期的に放送される現実のSF。それがF1なのだ。
最先端テクノロジーを駆使したマシンが時速300Km超で走るのだ。
大雑把に言うと、東京から大阪を2時間弱で走るキチガイ車の競争だ。
ついでに書いておくと、自動車メーカーはどんどんF1から撤退している(悲しい)。
何故かと言うと、現代F1で培った技術は車にフィードバックされないのだ。
現代F1の技術は航空技術なのだ。自動車メーカーには無用なのだ。

さて、その知人は俺の質問にだるそうに答えてくれた。

だって現実なんだもん。

ああ、深くて適当な答えだ。
確かに現実だからSFじゃない。SF好きの彼が興味を持つはずがない…。

でも俺的には、現実に存在する最もSF的な存在。
あのマシンを見るだけでドキドキワクワク。
そんなF1に、サンダーバード好きの彼が興味を持たないのは少し不思議。

ついでに書こう。
その知人はスプラッターも好きだ。

F1って、人が死ぬ瞬間を生中継する数少ない番組なんだけどなあ…。
(最近は、そういう事故はほとんどなくなりました)






プロフィール

嘘男

Author:嘘男
嘘男(うそお)です。
危なく、ゆるく、適当に書いていきます。

リンク
馬鹿で頭が悪くてロックンロール!! そんなレーベルですw
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。