スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッシェル・ガン・エレファント

お初に日本のバンドです。しかも新しめ(古いですか?)。
ミッシェルのアルバムがチャート1位になった時。
それがオリコンなのか近所のレコード屋チャートなのか忘れたが…。
俺は高知県高知市の桂浜に行きたくなったぜ。
そして叫びたかった。
「日本のロックの夜明けぜよ!!」

そうなのである。
俺的にミッシェルは大好きなバンドだった。
だけど、売れねえよなあ…とも思っていた。
こんなガチガチなロックが売れたら日本崩壊ですわ…とさえ。でも好きでちゅ。

チャート1位の真相はともかくミッシェルは売れた。売れまくった。
もう日本崩壊でもOK!! 夜明けが来るのだよ~!! だった。

でも夜明けは来なかった…。
ミッシェルはあっさりと解散し、その後ギターのアベ・フトシ死んじゃった…。
ミッシェルの開いた扉に無数のバンドが飛び込んだ。
でも、まだどこにも行けてない…。頑張ってるのはわかる。
でもやはり、束の間の夢でしたか…。

俺の勝手かつ嘘まみれな妄想&願望だが、
ミッシェルみたいなバンドと、
AKBと嵐と井上陽水とエグザイルと上原ひろみがヒットチャートを争う世界。
それが俺にとって夢のような音楽世界だ。あ、パフュームも入れていいかも。

俺がミッシェルを好きな一番の理由がロックであるということ。
ロックバンドとは名乗っても、
この曲はJ-POPな感じ…。この曲はヒップホップな感じ…。
歌詞はフォークソングの世界だよね…。とかいろいろ思ってしまう中で、
縦に切っても横に切っても裏から見てもロック。ロック以外見つからない。
それが俺が好きになったミッシェルなのである。

なので、音楽性を解析してもしょうがない。
ボーカル、最高!! ギター、超格好いい!!
ドラム、超絶クールだぜ!! ベース、ブンブンブン!! それだけ。感想はそれでいい。

そんなバンドに再び会えるならば、面倒だけど長生きしてもいい。






スポンサーサイト

クイーン

相も変わらず古いロックバンドを取り上げます。ごめんね。
クイーンはロックの中で異端です奇形児です。ゆえに唯一無比なバンド。
心からそう思います。

でも正直クイーンはそんなに好きではないのですよ。
何曲か好きな曲がある。認めてる。ってだけで…。
それは何故? 唯一無比で凄いと思ってるのに何故?
はい…。俺が楽器を弾いたりするからです。

そうなんです。クイーンの異端&唯一無比たるところは、
フォロワーが殆どいない、いるかもしれないけど、殆どいないことです。
ビートルズ、ストーンズ、ツェッペリンの影響を受けたバンド数多います。
如実にサウンドやら演奏スタイルに現れます。
80年代以降も同じ、YMOの影響を受けたバンド、ニルヴァーナの影響受けたバンド。
すーーーぐにわかってしまいます。

でもよ…。
正面から「君たちクイーンみたいだね」ってバンドには出会えません。

そう。だから唯一無比の奇形児。
楽器をいじる俺が好きになれないのは当然。
だってさあ、真似出来ないじゃーーん。

あれだけ売れながら、後世にフォロワーを残さない。
それが俺的なクイーンなのです。

と持ち上げて……愚痴。

だってさだってさ、クイーンっぽい曲を作って演ってもさ…。
ぜーーーったいギャグとしか受け止められないじゃん!!
「ボヘミアン・ラプソディ」を基本に曲を作っても、パロディにしかならないじゃん。
もっとわかりやすく!!
フレディ・マーキューリーみたいな衣装でステージ立ったらギャグじゃん!!
誰からもパロディって言われるじゃん!!
でも、スティーヴン・タイラーみたいな衣装は、ギャグじゃないんだよ…。
ああ、エアロが好きなのね…ま、なかなかいいわね……とかさ。

そうなのです。
クイーンはフォロワーを許さない異形のバンド。
ただただそれだけで凄いと思う次第です。

同様のバンドにKISSが居ます。
日本で世紀魔Ⅱってバンドがありましたが、
実力は凄いのにどうしてもKISSの物真似イロモノというフィルターで見られました。
クイーンほどではないですが、KISSも唯一無二かも…です。
ただクイーンとの決定的な違いは、音楽性にはフォロワーを許したことです。
(KISSの音楽性を考察するのも面白そうだ…)

最後に音楽について。
「キラー・クイーン」というクイーンの初期の曲は素晴らしいと思います。
いろいろなアイデアが宝石のように散りばめられています。
可愛らしさ、ロックっぽさ、クラシックな荘厳さ、いろんな表情を魅せる曲です。
なのにこの曲、2分半程度なんです!!
この短時間に、これだけアイデアを詰め込める技量は物凄いと思います。
クイーンの中で一番好きです。

最後の最後。
カラオケで「ボヘミアン・ラプソディ」を歌う奴が嫌いだ。
歌いこなせるわけないのを承知で、受け狙いで演るだけだから。
いや、歌いこなせる奴がいたら嫌いどころかハグしてしまうんだけどね…。

最後の最後の最後。
クイーンの素晴らしさはメンバー全員が作曲をし、
それぞれに素晴らしいソングライターであることも特筆したい。
多くのバンドが1、2名のフロントマン&作曲者。残りはオマケ。
バンド解散したらハロワに行かなくちゃ…な状態の中でこれは凄いです。





ホワイトアルバム

ビートルズの2枚組アルバム、通称「ホワイトアルバム」を考察します。
エロゲではないです(意味わかる一部の人、拍手プリーズ)。

ビートルズのプロデューサー、ジョージ・マーティンは語っています。
「ホワイトアルバムは失敗作だ。
 曲を整理して1枚にまとめれば、名盤に成り得たのに…。」

全面的に賛成しまーす!! 両手を挙げて賛成します!!
ぱっと考えても「ナンバー9」はいらないし「グッドナイト」もいりません。
ということで、俺がホワイトアルバムを世紀の名盤にします。
ルールはビートルズのイギリス盤フォーマットに従って14曲。
ジョージの曲は最大3曲まで。リンゴボーカルを1曲入れる。
発売当時を考えてA面B面で考えるレコード仕様。
なんかこんなネタ2ちゃんでやってそうだなあ…。ビー板とかずっと見ませんが。

A面
1.バック・イン・ザ・USSR
2.ピッギーズ
3.グラス・オニオン
4.オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ
5.ホワィル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
6.ブラック・バード
7.ハッピネス・イズ・ア・ワーム・ガン

B面
1.バースデイ
2.ドント・パス・ミー・バイ
3.ヤー・ブルース
4.マザー・ネイチャーズ・サン
5.サボイ・トラッフル
6.アイ・ウィル
7.ヘルター・スケルター

ほら名曲揃い。ジョージ・マーティンも納得…ですかね?
でも、ジョンの影が薄いかもしれないな…。
ジョンで切ったのが「ジュリア」と「バンガロー・ビル」
「ジュリア」はソロで「ジョン魂」に入れてください…と思った。
「バンガロー・ビル」のヨーコのコーラスは、
ビートルズのアルバムに収録してはいけない。やっぱソロに入れてください…と思った。

他のジョンの曲は糞だったりお遊びだったり…かなあと思いました。
通常のアルバム的にはお遊び曲を1つぐらいかました方が、構成として良い。
でも、お遊び曲もポールの方が秀逸なんだよね…「道路でセックスしようぜ」とか。
結果的には「USSR」に始まり、ラストは「ヘルター・スケルター」という、
とってもポールなアルバムになりました。
なんだかジョンの見せ場とポールの見せ場を考えると、
「アビイ・ロード」みたいになっちゃったなあ…と思います。

これに関しては御意見大募集。
みんなでホワイトアルバム名盤化構想を考えて欲しいです。
もちろん、あの雑多でグチャグチャな内容が良いのは重々承知。
でも、「ナンバー9」は聴きません。でしょでしょ?
ちなみにビートルズナンバーで唯一カラオケに入ってない曲は「ナンバー9」だと思います(未確認)。







ギターを買う

「けいおん」がブームで、
とりあえず楽器(エレキギター&ベース)を買う若い娘さんが多いようだ。
楽器屋に行ったりホームページを見ると、
1万円台で「初心者セット」なるものが売っている。エレキギター単品だと1万円を切るものもある。

はっきり言う。買ってはいけない!!

10年近く昔のことだが、
とある女の子がギターを始めたいと言うことで買うのにつき合った。
店員が勧めたのは、安い初心者セット。
俺的には初心者向けだろうと思う、ストラトモデル。
※ギターのバランス的にもストラトは初心者に向いている。
 同じフェンダー系でもテレキャスは癖が強すぎると思う。
 変形ギターなんて、初心者には論外。基礎練習に向かない。
 でも、好きなギターを選ぶのが基本なんですけどね…。

どれどれと思って、俺が試奏してみた。

いけない!! これではいけません!!

安いだけあって作りが荒っぽいのだ。
具体的に言うと、ネックの作りが荒くて弾いてると手が痛くなる。
これじゃあ、初心者は挫折しちゃうだろう?
ただでさえ、最初はFのコード押さえるのに苦労するんだからさあ…。

俺は店員に言った。
「こんなギター売ってちゃ駄目なんじゃないですか?」
「これで挫折したら、将来のお客さん減らすんじゃないですか?」
「上手くなれば、次のギター、その次…ってずっとお客さんになるでしょ?」

結局、その女の子には3万円台のFender Japanのストラトを勧めた。
安いけどFender Japanは悪くない。
材質はともかく、Fenderの名を使っている以上作りはしっかりしている、
プロだって使っている。

うーん、楽器屋非難をしたいわけじゃない(多少はあるけど)。
つまり、せっかく楽器を始めようって気になった子に挫折して欲しくない。
そう思うと最初の楽器は弾きやすくて、上達の早道となる楽器がいいと思うのだ。
もちろん、好きなアーティストと同じ楽器を買いたいっていう初期衝動はわかる。
でも、実際フライングVなんてギターじゃあ、
椅子に座って膝に乗せて弾くっていう、基本的な練習が厳しいと思う。

俺のお勧めはやっぱりストラトモデル。ボディーバランスがいい。
それで、3万円以上のものならば前記のようなネックの問題もないと思う。
ネックの作りは本当に大事で、長く弾いていて左手が痛くならないものがいい。
ただでさえ初心者は、左手でコードを押さえるということで挫折するのだ。

レスポールもボディーバランスが良いしお勧めのギターだが、
初心者ということを考えると、ちょっとネックが太いような気がする。

テレキャスターは小さいし軽いし女の子向けなんだけど、どうしても音に癖があり過ぎる。
オールランドに使えるという意味では、やっぱりストラトだと思う。

反論は認める(弱気)。







レッド・ツェッペリン

レッド・ツェッペリン…こう呼んでるのは日本だけ? それともドイツも?
…と言うのはレッドは英語読みでツェッペリンはドイツ語読み。
そんなグダグダな混ぜこぜな読み方でいいの? と思ったから。
ちなみに英語圏での読み方はレッド・ゼプリン…嘘か本当か知りません。
まあ、日本ではドイツの飛行船ツェッペリン号が有名だったから…という事情がありますが…。
もちろん俺は日本人なので声を大にツェッペリンと呼びます。

昔、バンドのベーシストH君とギタリストK君と議論しました。
以下そのやり取り。うろ覚え。

俺「ツェッペリンってブルースバンドだよねえ」
H「そら違うだろ? ハードロックだよ」
K「いや…ブルースだなぁ……」
H「何言ってんだよ? 天国への階段とかクラシックでハードなバラードじゃん?」
K「……そうかも」
俺「天国への階段をジャニス・ジョプリンが歌ってるの想像してみ」
H「…………ああ」
K「………思いっきりブルースだ」
俺「カシミールをジャニス……以下同文」
H「…ブルースだな」
K「ブルースだわ」

そうなのである。
ロバート・プラントがヒステリックに歌うから、
ジョン・ボーナムが狂ったよう叩くから(大好きです!!)、
ハードロックな感じになってしまっているけれど、
レッド・ツェッペリンの音楽は基本的にブルースなのだと思います。
ブルースバンドと明言してもいい…ですです。

だから? だから何?

うーん、そう言われると困るんですけどねえ…。
俺は基本的にハードロックとかヘビーメタルは嫌いなんですよ。
でも、ツェッペリンは大好きなんですね。
それでよく「どうして?」と突っ込まれるので…ね。

しかし真面目な話、ジャニスが生きていたら、天国への階段をカバーしたんじゃないかなあ?
想像するだけで身震いがしちゃうんだよ。
あの声で切々とジャニスが歌う天国への階段。
こりゃあアナタ!! グラミー最優秀女性ボーカリストでしょう!!

そんなロックのifが好きです…。

さて、ここ数年、わけあって妙に古いマンガを読む機会が多かった俺です。
そこで思ったこと。

70年代の少女マンガには、
やたらとジミー・ペイジ(もどき)と、
ロバート・プラント(もどき)が出てくるなあ、おい!!



これほど日本の少女マンガ界に、
影響を与えたロックバンドというのも、なかなかないのではないでしょうか?
日本の出版社の皆様は、レッド・ツェッペリンに賞をあげるべきです。

結論。
レッド・ツェッペリン。
ロック界に多大な影響を与えたハードなエレクトリック・ブルースバンド。
音楽以外にも、日本の少女マンガ界に多大な影響を与えた。

こんなんでいいですかね?






音楽における人種区別 2

ブリティッシュ・インヴェイジョン。
1960年代にビートルズ、ローリング・ストーンズに代表される、
イギリスのバンドがアメリカで巻き起こした大旋風のことを言う。

これも、音楽の区別と密接ではなかろうか?
エルビスが巻き起こした旋風はイギリスにも飛ぶ。
若者達はロックンロールに熱狂だ。
そしてその先が重要。
イギリスはアメリカほど人種差別がひどくなかった。
ロックンロールで黒人音楽に耳をひらいた若者は、そのルーツまで聴こうとする。
つまりブルースやリズム&ブルースだ。

彼らが上陸することによって、
アメリカの白人達は白い顔のジャケットが付いた、
ブルースやリズム&ブルースのレコードが買えるようになったのだ。
黒人音楽を絶対流さないラジオ局(アメリカには多数あった)も、
ブルースをガンガン流せるようになったのだ。
逆に考えると、アメリカにおける音楽の人種区別があったゆえ、
ビートルズもストーンズも、世界的成功を収めたのかもしれない。
うん。多分嘘。でもいいのだ。

視点を変えて黒人側から考察。
エルビスやイギリス勢が黒人音楽を取り込む中、黒人はどうだったのか?
正直、あまり思いつく事象がない。
というか白人音楽に取り入れるべき魅力がなかったのだろうか?
ブリティッシュ・インヴィェイジョン当時アメリカでは、
ボブ・ディランを筆頭にフォークソングブームが起こっていた。
だからといって黒人がフォークソングを演ったりはしない。
…これは2010年の今でもそうかも。
あまり黒人のフォークシンガーとか思いつかない。
黒人がギターで弾き語りというと、どうしてもブルースのイメージだ。
もちろん例外な人もいると思うけれど…。

そんな黒人達の中で音楽の人種区別を超えた奇形が登場する。
ジミ・ヘンドリックスだ。
彼はアメリカでリズム&ブルースのギター弾きだったが、
既に確立されていた、あのギタースタイルは黒人達からも異常に見られていた。
そんな彼がイギリスに渡って成功するのは、必然だったのかもしれない。
つまり、黒人のロッカーはアメリカで成功せずイギリスで成功したということだ。

しかし、その後も黒人のロックに於ける区別は続き、
有名どころでは、
レニー・クラビィッツ、プリンス、リヴィング・カラーぐらいしか思いつかない。

少し余談。
ジミ・ヘンドリックスをイギリスに招いたのは、
アニマルズのチャス・チャンドラーであることは有名な話だが、
チャスにジミのことを教えたのは、ストーンズのキース・リチャーズの恋人である。
また、レニー・クラビィッツや、リビング・カラーが世に出ることに、
大きく関わったのは、同じくストーンズのミック・ジャガーである。
そういえばプリンスもブレイク前にストーンズの前座をやっていた。
数少ない黒人ロッカーとストーンズの関わりは興味深いことである。

とてもとてもダラダラと思いつくままに書いた。
まとめなければならない。まとめなくてもいいかもしれない。
結論から書くと、
ポップミュージックにおける、白人と黒人の音楽区別はよくわからない。
それが人種差別によるものなのか、民族的なものなのか、生理学的なものなのか…。

ある人は言う。
黒人には特有のグルーヴ感があって、
ハードロックやヘビーメタルの単調なリズムは馬鹿にしてる…と。

そうだとして、音楽に民族的グルーヴ感があるとしたら、
日本人のグルーヴって何? とかついつい考えてしまう。
まあ、こんなふうに音楽を考えてみることは楽しいことだ。

まとめになってないなあ…。

追記
主にロックを中心に考えてみた。
1970年代から現在に繋がる、パンクロックとヒップホップの誕生。
フュージョンのことやレゲエのことも織り交ぜて書きたかった。
でも、それだとますますダラダラになるので、またの機会に。
また、音楽だけではなく様々なジャンルに於いて黒人と白人の区別はある。
黒人の競泳選手は何故いない? とか黒人バレエダンサーは? とか。
ここら辺りもいろいろ理由を考えてみたいところだ。







音楽における人種区別 1

人種差別でなく人種区別である。
日本人は日頃考えないが、音楽の世界には明らかにこの区別がある。
主には白人と黒人の間だ。

まず、非常にわかりやすい事象で言うと、
クラシックの音楽家に黒人はとても少ない。
彼らの音楽能力を考えると、もっと多くてもいいはずなのに…だ。
つまり、クラシックは白人の音楽ということで区別されているのだ。
もちろん、幼少より英才教育が必要なクラシック演奏家に対し、
黒人の貧しさという経済事情もあると思う。

そうした経済事情に関係のないポップミュージックの世界。
それでももちろん区別はある。
すごく大雑把な区別だとロックは白人、ソウルは黒人ということだ。
白人でソウルミュージックをやる人は殆どいないし、
黒人でヘビーメタルをやる人も殆どいない。

日本人から見るとオバマ大統領が誕生したりして、
アメリカの人種差別など、もうなくなったかのように感じてしまうのだが、
音楽の世界では妙に区別されているような気がしてしょうがない。
それとも民族的な感性により、自然とそうなるのか?
ソウルもヘビーメタルも平気でやる日本人的にはわからない…。

しかし音楽的に素晴らしいものは、
白人であろうと黒人であろうと同じなのである。
それらをどのように互いが受け入れてミックスして行ったのか考察しよう。
…いや、互いではないな。主に白人。
差別していた側の彼らにとって、
黒人音楽の素晴らしさを認めるにはハードルがあったのだと思う。

まずはジャズ。
言うまでもなくブルースと並んで黒人が生んだ偉大な音楽だ。
当然、その素晴らしさ、気持ちよさは白人にもわかる。
でも白人である俺様が黒人の演るジャズなんてやれねーよ。
てなわけで、彼らはジャズという言葉を使わずにスイングという言葉を使った。
これによって、白人の皆様もジャズで踊れるようになった。
と、どこかで読んだ気がするけれど嘘かもしれない。嘘ブログだから良い。

そしてロックンロール。
これにはエルビス・プレスリーの登場が、とてつもなく大きな意味を持つ。
エルビスはキング・オブ・ロックンロールと呼ばれている。
アメリカでは今もなお、絶大な人気を誇っている。
しかしロックンロールはエルビスが発明したものではない。
黒人のリズム&ブルースの中から既に生まれていた。

エルビスの功績とは何か?
黒人音楽のレコードを白人が買えるようになった。
そういうことじゃないかと、嘘ブログ的には考察する。
まだ人種差別が撤廃されていない1950年代。
白人的には、黒い顔の人が印刷されたレコードを買うことには抵抗があった。
ああ…この曲格好いいけどレコード買うのは恥ずかしい。
いや、家に置いておいて保守的なパパやママに見られたら困る。などなど。
そこに白い顔をした黒人音楽家が登場した。エルビスだ。
これなら堂々と買える。家に置いておいても問題無し。
(実際は、それでもパパとママは抵抗あったみたいだけどね)
エルビスの開いた扉は、
バディー・ホリーが白人として初のアポロシアター(黒人音楽の殿堂)出演、
そしてブリティッシュ・インヴェイジョンへと繋がってゆくのだ。

疲れたので今日はここまで。
次回はブリティッシュ・インヴェイジョンから書きます。








プロフィール

嘘男

Author:嘘男
嘘男(うそお)です。
危なく、ゆるく、適当に書いていきます。

リンク
馬鹿で頭が悪くてロックンロール!! そんなレーベルですw
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。