スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット社会なのですよ(珍しく真面目)

尖閣ビデオの流出、ツイッターにより暴露、ウィキリークスのこと。
昨今はネットについて、いろいろと考えさせられることがあった。
ネット社会という言葉がある。
俺的には使い古された過去の言葉のような感じがする。
ネット社会とか区分けして言うなよ。
もはや、あたりまえに社会の一部なのだよ。みたいな感じ。

半年ほど前になるが、とある知人が言った。

「なあ、ブログとかで『今日何を食べました』とか書いてる女がいるだろ?
 俺はああいうのを馬鹿だと思うし、不快なんだけど、どう思う?」

申し訳ないけど軽く否定した上で流した。
ネットの黎明期、
まだブログって言葉もなく日記だった時代なら、そんな議論もアリだった。
でも、今さらそんな議論はしたくなかった。

つまりネットが社会のあたりまえになった今、
それは、ただの道ばたでの立ち話なのだ。
道ばたで誰かがやってる立ち話を議論してもしょうがない。
まして『今日何食べた』みたいな立ち話は、
『いいんじゃないっスか』と答えるしかないのだから。

ネットサーフィンというのも死語だが、
僕は(僕らと書きたかったが、僕にした)もはやサーフィンはしていない。
普通に街を歩くようにネットを見ている。歩くだけだ。
目的地へまっすぐ行く日もあれば、面白い店を見つけてのぞいたりする。
調べたいことがあったら図書館に行く。
公園で興味ある議論をしてれば聞き耳立てたり、たまには発言もする。
ちょっと頭の壊れた人を見かけることもあるし、
懸命にパフォーマンスをしてる人もいる。
もちろん街と同じなので、広告やら悪い誘惑に溢れている。

以上が僕の中のあたりまえ。

しかし前述の知人も含め、僕のあたりまえを否定する人も多い。
それはそれで個人の自由、言論の自由だからいいと思う。
道ばたの立ち話が不快なら、聞かなければいいだけの話だ。
何となく知人をクサしたような書き方だが、そうではない。
それはそれで良い。僕は議論したくなかった。てことだけなのだ。

さて問題は、嘘ブログの嘘たる部分に転じる。
ネットが社会のあたりまえで、(僕にとって)街だとした場合、
有害サイトを子供達からブロックすることは難しいのだ。
『歌舞伎町には行ってはいけません』と強く言いきかせる。でも行く奴は行く。
住んでる街の駅前の風俗店には、店を閉めてくださいと頼む。無理無理。

『子供に携帯持たせるな』なんてのは街を歩くなと同じ。
街は悪意と誘惑と罠でいっぱいだけど、みんなそんな中で生きてる。
つまり嘘的に思うに、ネットという街を楽しく普通に歩ける子供を育てることが大事だ。
街を歩けば、たまにはカツアゲされて泣いちゃうこともあるだろう。
騙されてしょーもないもん買うこともあるだろう。
だからって街に出ることを禁じるのか? 家にひきこもることを推奨するのか?
ネットは社会だを主張する嘘つきの俺としては、ナンセンスだ。

話が有害サイトと子供のことに行ってしまったが、
これは尖閣ビデオ問題やツイッターの問題にも通じていると思う。
社会というのは国家が作るものではなく、人が作るものだ。
北朝鮮ですら、人が闇マーケットを作り自主的な社会を作っている。
人が作るあたりまえの社会となったネットを、
国家や規制団体がどうこうすることは無理なんじゃないかな…と思う。
ウィキリークスをアメリカが潰すのは簡単かもしれない。
でも、新たな芽が次々に産まれてくるだろう。きっと。

僕はあたりまえのこの街を普通に歩く。
気分の悪いときは、立ち話に悪態をつくかもしれない。
でも、否定はしないようにしたいと思う。
否定は格好いいし目立つし簡単だ。やりようによっては金も儲かる。
森羅万象を出来るだけ肯定しながら歩きたいと思う。
でもでも現政権は肯定出来ないよなぁ……。この辺りが嘘つきです。






スポンサーサイト

宇宙

アニメやSFに出てくる宇宙空間って、
夜空のような世界なんだけど、本当にそうなの? ふとそんな思いがよぎった。

地球における夜ってのは、太陽の光があたらない状態ですよね?
※意味なく図説
 ◎→→光→→○←こっち側が夜。
太陽       地球

てことは宇宙空間に出たら、
どっかの星の陰に入らない限り、
太陽ギラギラの超絶明るい世界なんじゃないですか?
大気もないから、光を遮る雲もないわけだしさあ…。

などと考えると「STAR WARS」も「2001年宇宙の旅」も「宇宙戦艦ヤマト」も、
ぜーんぶぜんぶ嘘なのでわ? と思ったりするわけです。

ここまで読んで「うん、それはそうだ」と思った人手を挙げて!!

……はい、俺と同じ脳味噌レベルです。

宇宙には大気がないのです。あっても薄いのだそうです。
つまり光を反射するもの(大気)がないから、宇宙は暗い。
と、ちょこっとWebを調べたら書いてありました。

行ったことないから嘘だか本当だか知りませんが、
まあ、宇宙はやっぱり暗いようです。







腰パン2スカート

2010年の冬季オリンピックの時、某選手の腰パン姿が叩かれました。
俺的には、どうでもいいことだったのですが、腰パンについて考えました。

いいぞ!! みんなどんどん腰パンにすればいい!!

これが結論です。
そして俺は腰パンにはしません。
何故なら、腰パン野郎と喧嘩しても「負けない」という利点があるからです。
いや別に勝たなくてもいい。
腰パン野郎と喧嘩になっても「楽勝で逃げられる」と思うわけです。
まあ普通に考えればわかりますよね。
連中とは、歩幅が違うぜ!! ってなわけです。

などと考えてると、男がスカートをはかない理由がわかりました。
そうです。スカートは戦闘力を下げるのです。
男という生き物は基本的には外敵と戦い女を守る生き物。だと思います。
ゆえに、戦闘力の低い服装は、ありえないのです。

え? ミニスカートなら戦える?
ま、そうなんですけど、ミニスカートの登場は1960年代なので、
やはり文化的、歴史的に男がスカートをはくということは、ありえなかったのです。

そんな風に考えると、やはり軍服とか格闘技の服は良く出来ています。
まさに、戦いやすさを主眼に置いた服です。

なわけで、悪ガキ共みんなが腰パンにしてくれれば、
お年寄りも安心して暮らせる社会になると思うのですが、いかがでしょう?

ちなみに女物の服のボタンの袷が男物と逆なのは、
ボタンとボタンの間から容易におっぱいを触らせない仕組みでは?
たいていの男は右利きなので…ねえ。







F1はSFなのか

SF特撮映画が大好きな知人がいる。
古いものではサンダーバードなども大好きだ。
しかし彼はF1には、まったく興味がない。
ある日、彼に訊いた。

F1って、SFそのものなのに何で興味ないの?

そうなのだ。
宇宙開発や兵器などもSFだが、
テレビで定期的に放送される現実のSF。それがF1なのだ。
最先端テクノロジーを駆使したマシンが時速300Km超で走るのだ。
大雑把に言うと、東京から大阪を2時間弱で走るキチガイ車の競争だ。
ついでに書いておくと、自動車メーカーはどんどんF1から撤退している(悲しい)。
何故かと言うと、現代F1で培った技術は車にフィードバックされないのだ。
現代F1の技術は航空技術なのだ。自動車メーカーには無用なのだ。

さて、その知人は俺の質問にだるそうに答えてくれた。

だって現実なんだもん。

ああ、深くて適当な答えだ。
確かに現実だからSFじゃない。SF好きの彼が興味を持つはずがない…。

でも俺的には、現実に存在する最もSF的な存在。
あのマシンを見るだけでドキドキワクワク。
そんなF1に、サンダーバード好きの彼が興味を持たないのは少し不思議。

ついでに書こう。
その知人はスプラッターも好きだ。

F1って、人が死ぬ瞬間を生中継する数少ない番組なんだけどなあ…。
(最近は、そういう事故はほとんどなくなりました)






ちくわとマカロニ

ちくわとマカロニの共通点。それは誰でもわかるだろう。
中央部が空洞になった筒状の加工食品である。
浅い知識と貧しい食体験で考えてみたが、
世界中で、ちくわとマカロニ以外に、このような食品が思い出せない。

問題は、なんで?

どうして、真ん中を空洞にしたかったのか?
空洞にすることによって何かいいことがあるのか?

てことで嘘BLOG的に考えてみた。

1.なんか大きく見える
  真ん中に空洞があることによって、実際の量より大きく見える。
  つまり”アゲ底”効果。

2.火の通りがよくなる
  まあ、確かに。
  でも、そんなに時間が変わるのか?
  スパゲッティとマカロニに、そんなに差があるのか?
  ちくわぶとちくわに、そんなに差があるのか?

3.食感が楽しい
  楽しいのかな? うーーーん、あんまりよくわかりません。

4.見た目が楽しい
  ああ、楽しいかもしれない…。
  つまり、日本人とイタリア人の心が繋がっていたってことですかねえ?

5.中にモノを詰められる(中に味が絡む)
  これか!? うん俺的にはこれだ!!
  マカロニの場合、マヨネーズにしろミートソースにしろ、
  外側にも内側にも味が絡んで美味しいのである。
  ちくわの場合、中にキュウリやチーズを詰めたりしたら最高だ。

はい。嘘BLOGの結論は5です。
外側にも内側にも味がしみてGOOD!! てことです。
でも、そう考えると、穴開きの食品って、もっとあってもいいような気がするなあ。
ラーメンの麺だって穴が開いてたら、スープがよく絡むわけだし。ねえ。

追記
加工食品でなく自然の食品では、レンコンというモノがある。
これも穴に芥子を詰めると美味らしい。俺は嫌いですが…。







鼻くそ

大きな声では言えないし、人前でやることではないが鼻くそをほじるのが好きだ。
形を壊すことなく大きな塊で取れると、ささやかな幸せを感じたりするものだ。
これは耳垢でもそうだ。
細かな屑になって出てくるよりも、大きな塊で取れると嬉しい。
どうでもいいけど、耳くそは耳垢というが、鼻くそは鼻垢とはいわない。何故?

さて、そんな風に鼻くそをほじりながら考えた。
人間様は容易に鼻くそをほじれるのだが、犬や猫はどうなのよ?

奴らの手(爪)の形状では鼻くそはほじれまい?
てか、無理矢理ほじると鼻から大出血しそうじゃないか?
そもそも奴らは鼻くそが溜まるのか?

いろいろ気になるので少し(ほんの少し)ググってみた。
鼻くそは溜まるらしい。放置すると固くなって取れづらくなるらしい。
そういう困った状態になったら、飼い犬、飼い猫は獣医の先生が診てくれる。
でも野生の犬猫はどうするの?

ここからは俺の勝手な嘘考察。
きっと水の中に鼻先を突っ込んで溶かしてるんだろうなあ。
象とか絶対そうだ。あんな長い鼻に鼻くそが詰まったら大変だ。
ああ、つまり象の水浴びは鼻くそ取りを兼ねているのだなあ。

とかなんとか考えると、恐竜の絶滅は鼻くそのせいなんじゃないの?
という超絶適当な考えが脳裏に浮かんだ。
恐竜の絶滅は巨大隕石衝突説が有力なのだが、
地球規模の干ばつやら、大氷河期がやってきて、
鼻くそを水で溶かせなくなって絶滅したのではないのかな?

つーか、鼻くそが溜まると死ぬのか? …有り得ませんね。すまん。

結論としては、
鼻くそをほじれる人間であることの幸せを噛みしめよう。てことだ。







人体に2つあるもの1つしかないもの 2

・ち○こ
いよいよ下半身に来た。
ここに至るとロクでもない考えばかりになる…。
ち○こ2本あったら、ま○ことケ○の穴を同時にヤれるぜ!!
女の子ふたりと同時にやれるぜ!!
セックスしながらおし○こできるよ~。とか…ね。
生殖器だからしょうがないのだが、阿呆エロ妄想にしかならない。
強いて言えば、2本目以降のサブち○ことして、
股間でなく指とかが、ち○こだったら少し便利かもしれない。
セルフフ○ラもできるし…。

・○玉
これが2つである理由は良くわからない。
それ以前に、こんな大事な器官が無造作に露出されていることが疑問だ。
蹴られると痛いんだから、体内にしまっておいてくれよ…と思う。
1つでもいいし、3つでも4つでも5つでもいい。
そう考えると、どーでもいいパーツだなあ。
そもそも男って奴は、ち○この大きさは気にするが、
○玉の大きさなんてカケラも気にはしない(女もそうですか?)
俺の○玉、すっげえでかいんだぜ!! などと自慢する奴はひとりもいない。

・ま○こ
これも基本的にち○こと同じだなあ…。
2つ以上あっても、複数プレイ以外に何もいいこと思いつかない。
こっちのま○こはヤリ○ンだけど、こっちは処女なのよ。
とかいう事象が起こると、世の処女厨のみなさんはどう反応するのだろうか?
まあ、子宮レベルで考えると少子化対策にはなるのかもしれない。

・足
上から順番に追ってきたので最後は足。
うーん、落ちがつかねえよ…。ていうぐらい考察が難しい。
昔のギャグ漫画では、速く走るとき足がたくさんになるが、
足が4本あったら速く走れるか? というと、そんな気がまったくしない。
でもきっと何か便利になることがあるはずだ!! しばし考察…。
結果、自分の身の回りで足で操作するものを考えた時、
車の運転ぐらいしか思いつかなかった。
足がたくさんあると、
アクセルとブレーキの踏み間違え事故が多発しそうだなあ…と思った。







人体に2つあるもの1つしかないもの 1

人体には2つあるものと1つしかないものがある。
内蔵とか細胞レベルだと知らないが、3つ以上あるものはなかなかない。
ということで、その理由とか功利とかifとかを考えてみる。

・目
目は2つあった方がいい。
1つだと距離感が確実に狂う。3D映画も楽しめない。
じゃあ3つ以上あったらどうか? 特に変わらないような気がする。
強いて言えば、後頭部や側頭部に目があれば視界が拡がって良い。

・耳
耳も2つあった方がいい。
やっぱ音楽はモノラルよりステレオがいいもんなあ。
いや、これは実体験がある。病気で一時、片耳が聞こえなくなった。
どうにもバランスが悪いというか、調子が悪かった。

・鼻の穴
2つある意味がわからない。1つでいいんじゃねえの?
どうせ奥では1つに繋がってるんだろ?
犬のように臭覚に優れた生き物なら、
臭いの方向を感じる功利があるかもしれないが、人間の鼻の穴は1つで充分だ。
当然、3つ以上あっても無意味。
まして3つ目の鼻の穴が肛門の傍にあったりすると最悪だ。

・口
もしも口が2つあったら。
ラーメン喰いながらライスが喰える。ふたりの人間と同時にお喋りができる。
別の2曲を同時に歌える。ハーモニカ吹きながらも歌える。
フェ○チオしながら電話が出来る。ま○こ舐めながらケ※の穴も舐められる。
便利なのかなんなのか、わからない…。
俺は1つでいいのか…と思う。ハーモニカ吹きながら歌えるのは便利だけど。

・手
手がたくさんあると便利かもしれない。
パソコンのキーボード打ちながら飯も食える。
ギターとベースとキーボードが同時に弾けて、ひとりバンドができる。
超絶凄いオ○ニーができる。
などなど夢は果てしなくひろがる。

・乳
まず男の乳は論外。これは存在理由がない。舐められて多少は気持ちいいけど。
で女の乳。授乳器官としての女の乳。まあ、1つでも問題ないだろう。
双子が産まれた時には2つあった方が便利かもしれないが、
その考えだと5ッ子とか産まれた時を考えると5つあった方が良いとなる。
まあ、3ッ子以上は希なので、2つあればいーんじゃね? てことなのか?
しかし、人間と同じく基本1回の出産で1子しか産まない牛の乳は4つある。
神々の造形は謎だらけである。
とりあえず、乳が3つ以上あったら、
超絶気持ちいいパイ○リが楽しめるのかもしれない…。


本日はここまで。
次回はいよいよ下半身に!! Wao!!







プロフィール

嘘男

Author:嘘男
嘘男(うそお)です。
危なく、ゆるく、適当に書いていきます。

リンク
馬鹿で頭が悪くてロックンロール!! そんなレーベルですw
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。